インタビュー:後藤 – (株)エフ・アイ・ティ採用情報

インタビュー:後藤

 
学生時代は遺伝子について学び、前職ではシステム開発の仕事をしていたにも関わらず、畑違いの分野に飛び込んできた頭脳派。
にこやかな笑顔とクールなリアクションのギャップが魅力で、本人は不本意かもしれないが、澤田さんに次ぐいじられキャラ。
ミーティングでは誰も思いつかなかったような名案を繰り出すことも。

FA機器ドットコムの品質は検査チームの厳しいチェックによって保たれていると言っても過言ではありません。後藤さんは未経験ながら、どんどん知識を吸収していく検査チームの次期エース。そんなデキる転職組の後藤さんにインタビューしてきました!

相合
エフ・アイ・ティに入社したきっかけを教えてください!

 

後藤
岐阜駅で開かれていた合同企業説明会で話を聞いたのがきっかけです。前職とはちがう分野ですが、社員を大事にする社風に惹かれたのと、コツコツした作業が得意なので応募しました。

 

相合
後藤さんも私と同じで機械の知識がほぼゼロの状態で入社しましたよね。どうやって検査の仕事を覚えていったんですか?

 

後藤
まずは商品の知識をつけるために、買取品のチェックから始めました。しばらくしてから少しずつ上司に教えてもらったり、上司お手製のマニュアルを見ながら検査業務をするようになりました。覚えることが多くて大変ですが、自分で検査手順を調べてできた時はやりがいを感じますね。

 

相合
通販部の仕事はどれも経験が積み重なって覚えていくものが多いですよね。検査の仕事に向いてる人はどんな人ですか?

 

後藤
物によっては自分で検査方法を調べることもあるし、細かいところまでチェックしなくてはいけないので、注意深く考察できる人。説明書やマニュアルを読み解くことがニガテな人には向いていない仕事です。

 

相合
検査っていうと理系のイメージがありますけど、読解力も必要なんですね。
では次に、エフ・アイ・ティの良いところを教えてください!

 

後藤
社員に一体感があって、年齢や入社順に関係なく発言できるところ。中途入社でも自分の意見を聞いてもらえるのはうれしいです。

 

相合
それは私もよく感じます!後藤さん、休みの日は何してますか?

 

後藤
スポーツ観戦してます。主に野球中継を見てるんですけど、たまに球場まで応援しに行ってます。

 

相合
うちの会社の中でスポーツの話ってあまり出ないので、なんだかすごくアクティブに感じます…!最後に、就活中の方にアドバイスをお願いします。

 

後藤
自分が働くうえで大事にしたい点を明確にすることが大切だと思います。これは経験談ですが、新卒のときと転職のときとではやっぱり大事にしたい点も変わったので、そのときの自分の気持ちに正直になってください。

Next Staff

 

 

 

■新卒向け会社見学会
★仕事風景が見れる!社員と話せる見学会
随時開催中。ご希望の日にちと時間(10時 or 14時)をお知らせください。
会社見学会のお申し込みはマイナビ、もしくはお問い合わせフォームよりお願いします。